かんざき歯科クリニック
福岡県北九州市小倉南区企救丘2-2-30
TEL:093-964-0899
FAX:093-964-6689
menu
  menu menu menu menu menu menu
  医院紹介 施設紹介 診察内容のご案内 予防接種 歯の情報 コラム お問い合わせ
menu
予防歯科
bar
従来の考え方


今までの歯科医療では、小さな虫歯でもすぐに削って詰め物をつめるという治療が行われてきており、多くの患者さんも歯科医自身もそれが正しいと信じられてきました。しかし、一旦治療をしたとしても、詰め物をしたまわりから虫歯になったり、あるいは別の部位から虫歯になったりして、詰め物はだんだん大きくなっていき、気付くのが遅れると神経をとったり、ついには治療を繰り返すことで抜歯になってしまい、入れ歯のお世話にならなくてはなりませんでした。
一方で歯周病も自覚症状も少なく進行してしまうので、気付いた時には手遅れになり多くの場合は抜歯をせざるを得なくなっています。また、たとえ歯科医院で歯周病の治療をしていても、かなりの手間と時間とお金がかかるということで、多くの方が途中で挫折するために重症化してしまい、虫歯の場合と同様に抜歯となってしまっていて、入れ歯のお世話にならざるをえなかったのです。結果、こまめに歯医者にかかっても、銀歯や入れ歯だらけになってしまうといのが現在の歯科医療の現実なのです。

当院の考え方


かんざき歯科医院では、最初から虫歯や歯周病にならないよう、また虫歯の治療をした後も再発をさせないように予防することを第一としています。そのためには、その原因であるバイオフィルムと呼ばれる細菌のかたまりを取り除く必要があります。バイオフィルムは通常のブラッシングでは取り除くことが難しく、歯科医院で専門的な器具を使って取り除かないとなりません。しかし、このバイオフィルムを定期的に除去しなければ、虫歯や歯周病を予防し、歯や歯肉の健康を守ることは非常に難しいのです。
そこで当医院では、希望者を対象に、最初に歯周検査や唾液検査をはじめとする様々な検査を行い、個々の患者さんの弱点を見つけ出します。それから、今までに溜まっていたバイオフィルムや歯石を大掃除し、その後口の中の状態や弱点の改善状況を再度調べ、個々の必要に応じて、1ヵ月〜6ヵ月に一度に定期チェックやバイオフィルムを取り除くメンテナンスをしていきます。

予防のポイント

  1. 家庭でできる虫歯予防

    *だらだら食べはやめましょう 
    いつもお口の中におやつやジュースがある状態はやめましょう。
    砂糖入りの甘いものは時間を決めて楽しみましょう。常に飲食物が口の中にあると口の中は図のように、歯が解ける時間が長くなり虫歯になってしまいます。

    *しっかりブラッシング
    子供さんの場合、歯を磨くといってもなかなか自分で十分歯を磨くことは難しいと思われます。10才くらいまではお父さん、お母さんが最後の仕上げ磨きを必ず行うように。
    仕上げ磨きにはフッ素入り歯磨き粉を使いましょう。フッ素入りは磨き粉の代わりにフッ素洗口でも効果的です。

    *キシリトール入りのガムをかむ
    キシリトールを噛むと唾液の量が増え汚れを洗い流す効果があると同時に、虫歯菌(MS菌)に取り込まれることがないので、歯を溶かす酸を作ることができず虫歯になりにくくなります。
    食事やおやつの後、夜寝る前に必ずかみます。
    1日3回以上、5〜10分間ぐらいしっかりとかみます。

    *フッ素の利用
    歯の質の強化や修復をし、プラークや酸の産生を抑制します。
    フッ素入り歯磨き剤やフッ素ジェル、フッ素溶液での洗口などが有効的です。

  2. 歯医者さんで行う虫歯予防

    *定期健診 

    早期に虫歯や歯周病の存在を知ることが重要です。

    *唾液検査によるリスク判定
    口の中には人それぞれのリスク(危険因子)があります。唾液検査(サリバテスト)とは、そのリスクを事前に知ることによって、総合的に判断し、それぞれの人に合った予防プランをたてるために行う検査です。

    *PMTC
    PMTCとは専門家による機械的歯面清掃のことを言い、毎日のブラッシングでは清掃が難しいところを、患者さんに代わってキレイに清掃し、なおかつ虫歯・歯周病の原因となるバイオフィルムを除去することを言います。

    *スケーリング
    歯石取り前 歯石取り直後
    歯垢とともに歯石をとることも非常に重要です。

    *シーラント(子供の場合)
    シーラント前 シーラント後
    通常のブラッシングでは歯の溝の清掃はほとんどの場合不可能です。奥歯の溝をシーラントで埋めて食べかすやプラークが溜まらないようにすると、虫歯予防に効果的です。

    *噛み合わせ改善
    歯並びが悪いと歯の清掃が難しい部分が多くなり、虫歯や歯周病になる可能性が 高くなります。また噛み合わせの善し悪しで顔貌が変わったり、顎関節の動きも悪くなったり、 最悪全身に大きな影響を及ぼす可能性もあるので、歯並びが良くない場合には、すぐに専門医に相談しましょう。

    こういった考え方は、まだ日本では新しく馴染みも薄いので、まだ多くの歯科医院で浸透したものではありません。しかし、欧米の歯科先進国の患者さんはこのようなメンテナンスシステムを受けることは既に常識になっています。私たちも、皆様の生涯のお口の健康管理について、安心してお任せいただけるように努力しています。

 

Copyright(C) kanzaki_dental, All rights reserved. お問い合せ